25番ポートブロック(Outbound Port 25 Blocking) 対応方法

ASAHIネットでは、迷惑メールの通り道を遮断する「25番ポートブロック」を実施しております。

ASAHIネットの「25番ポートブロック」実施についてのご案内

25番ポートブロックの影響を受ける場合は設定の確認、変更をする必要があります。以下を参考にご対応ください。

他社(ASAHIネット以外)のメール送信サーバを引き続き利用する

「25番ポート」以外を利用

ご利用のメール送信サーバで「587番ポート(サブミッションポート)」や「465番ポート(SMTP over SSL/TLS)」を利用することでメールを送信できます。

ご利用のメール送信サーバが「587番ポート(サブミッションポート)」または「465番ポート(SMTP over SSL/TLS)」に対応しているかは、メールサービス提供元にご確認ください。

お客様がご自身でメール送信サーバを設置している場合は、送信サーバを「587番ポート(サブミッションポート)」または「465番ポート(SMTP over SSL/TLS)」に対応させ、25番ポートを利用しないようにしてください。

「25番ポート」以外を利用できない場合

ご利用のメール送信サーバが「587番ポート(サブミッションポート)」「465番ポート(SMTP over SSL/TLS)」に未対応の場合は、ASAHIネットのメール送信サーバをご利用いただくか、ASAHIネットでフレッツ回線をご利用の場合は固定IPアドレスの利用をご検討ください。

ASAHIネットのメール送信メールサーバを利用する

他社(ASAHIネット以外)のメール送信サーバを利用してメール送信ができない場合は、 ASAHIネットの送信メールサーバー(例: mail.asahi-net.or.jp)を利用して送信することもできます。

メールソフトの設定の際は、必ずASAHIネットのIDとパスワードで「SMTP認証」を行う必要があります。

各種メールソフトの設定はASAHIネットの下記ページをご参照ください。

メールソフトの設定

  • 受信(POP)のサーバとそのユーザー名・パスワードはメールアドレス提供元のものを設定くしてださい。

ASAHIネットの固定IPアドレス(IPv4)を利用する

NTTフレッツ回線を利用の場合

NTTのフレッツ回線をご利用の場合は、「固定IPアドレスオプション」を申し込み、固定IPアドレスを使用することで25番ポートを利用してメールを送信することができます。
(ASAHIネットの固定IPアドレスでのインターネット接続は、25番ポートブロックの影響を受けません。)

固定IPアドレスオプションについては下記ページをご参照ください。

固定IPアドレスオプション(IPv4)

リレーサーバを利用する場合

ASAHIネットのインターネット接続を利用して設置したサーバ(自宅サーバ)など、ASAHIネットの動的IPアドレスでのインターネット接続を利用した回線にお客様が設置された送信メールサーバーを設置し、そのサーバーからメールを送信する場合はASAHIネットが指定する中継用(Relay)サーバーを経由させることで、メール送信が可能となります。

よくあるご質問 (Q&A):自宅サーバーを設置してメールサーバーとして利用する場合、25番ポートブロックの影響を受けますか?

  • リレーサーバについてはサポートは行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

よくあるご質問

25番ポートブロックに関するその他のご質問は、以下のQ&Aページをご覧ください。

よくあるご質問 (Q&A):25番ポートブロック(Outbound Port25 Blocking)/サブミッションポート