IPv6接続機能

このページについて

IPv6接続機能のご利用に必要な機器の準備やご利用までの流れ、接続状況の確認方法などが確認いただけます。

IPv6接続機能の機能詳細などは、以下Webページにて確認ください。

準備する機器

IPv6接続機能に対応したパソコンやルータの準備が必要となります。

IPv6接続(IPoE)は、取扱説明書に「IPoE対応」と記載されているルータであればご利用いただけます。
IPv4 over IPv6接続(DS-Lite)では、以下ページ掲載のものが対応ルータとなります。

接続設定

IPv6接続機能では、お客様による接続設定は必要ございません。
ご契約サービスによっては、ご利用開始のお手続きが必要となる場合がございますので、以下ページのご利用開始までの流れにて確認ください。

機器の構成

IPv6接続機能をご利用いただく場合の、代表的な機器構成です。

IPv6接続(IPoE)とIPv4接続(PPPoE)でご利用の場合

IPv6接続(IPoE)とIPv4 over IPv6接続(DS-Lite)でご利用の場合

IPv6接続の確認方法

IPv6接続できているか「IPv6接続確認ページ」にて確認いただけます。

IPv6接続確認ページの見方

IPv6接続確認ページは、以下のステップで確認ください。

  1. ページへアクセス

    「IPv6接続確認確認ページ」へアクセスします。

  2. 接続結果の表示

    ページへアクセスすると、接続結果が表示されます。
    IPv6接続(IPoE)されている場合は、「IPv6で接続しています」と表示されます。

  3. 接続詳細の確認ページへアクセス

    IPv6接続確認ページで結果表示された画面の「さらに詳しい確認はこちら」をクリックします。

  4. 接続確認

    ページにある「確認開始」のボタンをクリックすると結果が表示されます。

    • Pv4接続(PPPoE)とIPv6接続(IPoE)の場合
      接続状況が「接続可」と表示されます。
    • IPv4 over IPv6接続(DS-Lite)とIPv6接続(IPoE)の場合
      接続状況が「接続可(ASAHIネット)」と表示されます。

IPv6接続できていない場合

IPv6接続時のレンタルルータ(ホームゲートウェイ)機器ステータス