インターネットに潜む危険と対策方法[その1]
コンピューター・ウイルスとは? 確実にやっておきたい基本的対策とは?

コンピューター・ウイルスとは?

ウイルスとは

よく耳にする「ウイルス」とは、正式にはコンピュータ・ウイルスと言います。
パソコンやスマートフォン等のコンピュータに感染する不正なプログラムのことを指します。
人間に感染する病原菌のウイルスとおなじく「感染、潜伏、発病」といった機能を有しているため、ウイルスと呼ばれます。

コンピューターウイルスは大きく以下の三つに分類されます。

ファイルに寄生するタイプ
パソコンで利用するファイルにウイルスが入り込んでいる場合があります。
ファイルを開いたり、実行したりすると感染してしまいます。
トロイの木馬
便利なソフトウェアなど無害なプログラムを装い、コンピュータに侵入して破壊活動を行います。
必要性や便利さをうたっているため、お客様自身が自分のパソコンに招き入れてしまうことがあります。
ワーム
ネットワークを使って自己増殖を繰り返しながら破壊活動を行います。
メール、ホームページ、不正侵入といった、インターネットの3大感染経路をフルに利用し、自分の分身をばら撒いていくのが特徴です。

感染源

ウイルスは様々な経路から感染します。代表的な感染経路について、以下にご説明します。

メールによる感染
添付されたファイルを開いたり、HTMLメールを閲覧すると感染します。現在感染経路の大半がメールによるものです。
ホームページからの感染
ホームページなどで動作するプログラムに組み込まれていて、ホームページの閲覧やファイルをダウンロードして実行すると感染します。
不正侵入による感染
OSの通信機能の欠陥を狙ってパソコンに不正進入し感染します。
ファイル交換による感染、その他
インターネットを経由したファイル交換ソフトやインターネットメッセンジャーから感染します。また、インターネットを経由しなくてもCD-ROMやフロッピーディスクなどのファイルの交換でも感染します。

感染した場合の症状例

パソコンがコンピューターウイルスに感染すると次のような症状を引き起こす可能性があります。

  • パソコンの画面上にメッセージを表示したり、音楽を演奏したり、正確な画面表示が行えなくなる。
  • パソコンの起動に時間がかかる、または起動できなくなる。
  • 保存されたデータやハードウェアを破壊される。またはデータを外部に送信する。
  • プログラムを自動停止し、動かなくなる。
  • お客様の意思に反してメールを大量配信する。

コンピューターが壊れるだけでなく、インターネットを介して多くの人に被害を与えてしまい、結果として「加害者」となってしまう可能性があります。ウイルスに感染していなくても、感染を予防するために対策をとっておくことが重要です。

確実にやっておきたい基本的対策の方法

ウイルス感染の被害を防ぐために確実にやっておきたい基本的な対策をご紹介します。

日常の対策

  • ファイルが添付された電子メールは不用意に開けない(あるいは添付ファイルを実行しない)。
  • 送信元や件名がはっきりしない電子メールは不用意に開けない(あるいは添付ファイルを実行しない)。
  • 送信元がはっきりしたメールでも件名(タイトル)が空欄であったり意味不明な文字列であったら不用意に開けない(あるいは添付ファイルを実行しない)。

メールソフトを可能な限り最新版へバージョンアップする

メールソフトの中でご利用数が多いマイクロソフト社のOutlook Expressは、Windowsに標準で搭載されているため利用ユーザー数も多く、また多くのセキュリティホールも日々発見されております。可能な限り最新バージョンのメールソフトをご利用ください。

プレビュー画面を使わないように設定する

メールソフトでは、プレビュー画面でメール内容を表示しただけで実行されるコンピュータウイルスも確認されてます。プレビュー画面は使用しない設定へ変更されることをお勧めいたします。

ウイルスチェックサービスを利用する

受信するメールがコンピュータウイルスに感染した端末から送信された可能性があります。そのためにお客様のパソコンにメールを受信する前にウイルスをチェックする必要があります。ASAHIネットの以下のサービスをお申し込みください。

自分のパソコンをチェックする

最新版のウイルスや、既存のウイルスを改造した亜種派生型は上記のような対策をすり抜けてまでパソコンに侵入してきます。またホームページを閲覧した際や、何かをダウンロードした際に侵入をしてくるウイルスもあります。それらを防ぐために、自分のパソコンにウイルス対策ソフトを導入して下さい。