回線・通信・接続方法

2022.7.19

ネット環境の種類|メリットや注意点とおすすめのサービス

ビジネスにおいても日常生活においても欠かせないインターネットですが、自分に合っているインターネット環境がなんなのか分からないという方は多いのではないでしょうか?
ネット環境にはいくつか種類がありますが、それぞれ特徴やメリット・デメリット、おすすめできる人は異なります。
この記事では、インターネット環境に関する基本的な知識をはじめ、それぞれの状況に合ったインターネット環境を選ぶためのポイントについて解説します。インターネットの契約を検討している方は参考にしてみてください。

目次

インターネット環境の主な種類

インターネット環境は主に3種類あり、それぞれ利用に伴う月額料金だけでなく、接続方式も異なります。それぞれの主な特徴を知って、比較検討の材料にしてみてください。

光回線

光回線とは光ファイバーを使用したインターネット回線のことです。光ファイバーは、電磁波の影響を受けにくい素材でできています。通信速度が速く、かつ安定しているのが特徴です。利用するには光回線の敷設工事を行う必要があります。
代表的な光回線として、NTT東日本とNTT西日本が提供する「フレッツ光」やKDDIが提供する「auひかり」などがあります。
近年ではフレッツ光を、プロバイダが接続サービスなどとセットで提供している「光コラボレーションモデル」のサービスも増えています。光コラボレーションモデルは、事業者によって料金設定や提供オプションに違いがあります。

モバイル回線

モバイル回線は、無線でインターネット接続が可能な回線で、「WiMAX」や「LTE」などが代表的なサービスです。
モバイル回線を提供するルーターにはホームルーターとモバイルルーターの2種類があります。光回線とは異なり工事が不要なため、端末やSIMカードが届いた日からすぐに利用できることが特徴です。
またモバイルルーターであれば、ルーターを持ち歩くことで対応エリアであれば外出先などでも使うことができます。
そのため、自宅でも外でもインターネットを使いたいという方や、出張やリモートワーク用のインターネット環境として利用する方に人気があります。
ただし、モバイル回線の多くはデータ通信容量の制限があり、通信制限がかかると通信速度が遅くなることがあります。

ケーブルテレビ(CATV)

CATVとは、各地域にあるケーブルテレビ局から光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせて各家庭に様々な放送、テレビ番組を配信しているサービスです。CATVではその回線を利用してインターネット接続サービスを提供しています。利用するには、ケーブルテレビの回線工事が必要になります。ケーブルテレビで配信されている特定のテレビ番組を試聴でき、BS放送やCS放送といった衛星放送を視聴することができるので、映画やアニメ、スポーツの専門チャンネルを楽しめる点が魅力です。趣味専門チャンネルも多数あるので、テレビをよく見るという方にはメリットがある回線といえます。
この記事では、比較的広範囲で利用が可能な光回線とモバイル回線をメインにとりあげていきます。
光回線とモバイルルーターのメリットや注意点は、この後詳しく説明していきます。

インターネット環境に光回線を選ぶメリットと注意点

ここでは、インターネット環境に最適な光回線を選ぶ際のメリットと注意点について解説します。

光回線のメリット

光回線のメリットは大きく3つあります。

1つ目は、回線速度が速く安定している点です。フレッツ光の場合、通信速度は最大1Gbpsで、プランによっては「フレッツ 光クロス」など通信速度が最大10Gbpsのサービスもありますので、重いデータのやり取りも快適にできるといったメリットがあります。
通信速度はベストエフォートとなるため、利用環境によって速度は変動します。

2点目は、有線接続だけでなく家庭用の無線(Wi-Fi)ルーターを自分自身で購入・設置をしてインターネットが利用できる点です。
モバイルルーターの場合、電波が飛んでいている周辺でしかインターネットが利用出来ず、建物の状況や通信環境によってインターネットの利用が困難な場合もあります。
周囲の状況にあわせて、準備した無線ルーターを設置し、さらに「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数を使い分けてインターネット環境を構築することで快適なインターネットが利用できるようになります。
2.4GHzは、遮蔽物や壁などがあっても遠くに届きやすいといったメリットがありますが、他の無線LANや家電製品、電子機器なども同じ周波数が使われていることから、電波干渉によって速度が不安定になりやすいといったデメリットを持ちます。
一方、5GHzは同じ周波数の機器が少ないことから電波干渉を受けにくいといったメリットがあるものの、遮蔽物や壁などに弱く、電波を遠くに飛ばせないという一面もあります。
これらのメリット・デメリットを補完し合うような周波数を使い分けられるため、無線でも通信が安定しやすいといった強みに繋がるのです。

3点目は、IPv6(IPoE)接続に対応したサービスを選ぶと、より快適にインターネットを利用できる点です。ちなみにIPv6とは「Internet Protocol Version 6」の略で、インターネットプロトコルの規格を指します。
混雑しがちなIPv4とは異なる通信であるIPv6接続を利用することで高速で快適な大容量データ通信が可能になります。
IPv6については、こちらを参照ください。

また、光回線には他にも次のようなメリットがありますので、多くの方におすすめできるインターネット環境といえます。

  • ・有線/無線接続のどちらにも対応しているので、利用者一人一人のニーズに合わせたインターネット環境が利用できる。
  • ・基本的にデータ容量の制限がないため、頻繁にデータ通信を行っても通信速度の制限などがかからない。
  • ・光電話が利用できる。
  • ・フレッツTVなど、アンテナを設置せずにテレビを見られる。

注意点

光回線には2つの注意点があります。

一つ目は開通までに時間がかかるという点です。
光回線を一から引く場合は開通工事が必要となりますが、申し込みから工事が完了するまでは、最低でも数週間、繁忙期には1〜2カ月程度かかります。 すでに建物に光回線が導入されていたり、前の入居者が工事を行っていたりした場合は工事の必要がない場合もありますが、早めに申し込みをしておくと良いでしょう。

二つ目は自宅やオフィスでしか利用できないという点です。
外出先でインターネットに接続する機会が頻繁にある方や、何らかの事情で自宅やオフィスの工事ができない場合は光回線の申し込みを、より慎重に検討しなければなりません。

インターネット環境にモバイルルーターを選ぶメリットと注意点

続いて、インターネット環境に光回線ではなくモバイル回線を選ぶメリットと注意点についてご紹介します。

メリット

モバイル回線の最も大きなメリットは、持ち運び可能なモバイルルーターを契約すれば、外出先でもインターネット接続ができるという点です。
モバイルルーターという名前の通り、端末は手のひらに乗るほどの小型な製品が多く、バッグやポケットに入れて持ち運んでもかさばりません。
そのため、出張や旅行など外出が多い方に特におすすめできるインターネット環境だと言えます。
工事不要で手軽に導入できるというのも嬉しいポイントです。

注意点

モバイルルーターを使う際は、データ容量に制限があることに注意が必要です。
3GB・7GBなど、ひと月あたりの使用量について制限を設けているサービスが多く、一般的に制限容量をオーバーした場合、通信速度が低下する点は理解しておかなければいけません。
一度制限されてしまった通信速度を元に戻すには、新たにデータ容量を追加で購入するか、通信制限の解除のタイミングまで待つ必要がある点も合わせて認識しておきましょう。

また、無線での通信のため、安定しない場合がある点にも注意しましょう。常に家にいてインターネットに接続するような使い方をしたい場合、光回線の方が向いているかもしれません。

インターネット環境を利用するならASAHIネットにお任せ

これからインターネット環境を構築するのであれば、光回線かモバイル回線がおすすめとご紹介しましたが、まだ利用サービスを悩んでいる方は、どちらのサービスも提供しているASAHIネットへの申し込みを検討いただくのがおすすめです。

ASAHIネットの特徴

ASAHIネットは、東証一部上場企業・株式会社朝日ネットが運営するインターネット接続サービスです。1994年にインターネット接続サービスをスタートしました。
業界歴が長いからこその豊富な実績で、法人・個人問わず、信頼のサービスを提供しています。
お客様が毎日使うものだからこそ、常に安定してご利用ができるよう、ネットワーク品質の維持・管理には徹底してこだわっています。
品質を追求する姿勢は、外部調査機関が実施するインターネット・サービス・プロバイダの調査においても、高い評価をいただいています。これまでの受賞履歴はこちらをご覧ください。
またコールセンターを社内に置くことで、サポート品質の向上に取り組んでいます。技術サポートの電話窓口は365日(【受付時間】10:00〜17:00)対応しているため、いざという時にもすぐにご相談いただける体制となっています。
ASAHIネットについて、詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。

AsahiNet 光

AsahiNet 光は、ASAHIネットが提供する光回線です。
回線速度は1Gbpsとなっており、フレッツ光と同じ高速通信が可能です。
もちろんIPv6にも対応していますので、大容量の通信環境の構築にも有効活用できます。

料金プランは戸建てタイプのファミリーコースと、マンションコースの2つを用意しています。今なら工事費相当全額がキャッシュバックを受けられるキャンペーンが実施していますので、気になる方はこちらからご確認ください。
また、追加のオプションサービスも充実しています。
特にAsahiNet光テレビでは、光回線を利用して地上/BSデジタル放送が視聴できるようになるため、テレビアンテナが付けられないような自宅に住んでいる人でも快適にテレビ視聴ができるようになります。

「AsahiNet 光」について詳しくはこちら

ASAHIネット WiMAX +5G

ASAHIネット WiMAX +5G は、UQ WiMAXやauの通信回線網を利用したモバイルWi-Fiルーターサービスです。
従来のWiMAX2+、au 4G LTE回線に加えて、auの5G回線を利用した通信ができます。
回線工事が不要で持ち歩きも可能なので、手元に届いたその日から、すぐに使い始められます。
「ギガ放題プラスプラン」では、月間データ量に制限がないため、容量を気にせず、たっぷり使うことができます。
月額割引などのキャンペーンを実施しており気軽にはじめられるため、これから新しくモバイル回線の契約を考えている方におすすめです。

「ASAHIネット WiMAX +5G」について詳しくは

自分に合ったインターネット環境の利用を始めよう

これからインターネット環境を利用するなら、光回線かモバイル回線がおすすめです。
それぞれメリットと注意点が異なりますので、自分のインターネットの使い方に合わせて契約することがおすすめです。
ネット環境が決まったら、おトクに申し込みができるASAHIネットの利用も検討してみてください。

  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  • 「NTT」は、日本電信電話株式会社の商標または登録商標です。
  • 「WiMAX」は、UQコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
  • 「フレッツ」およびその他「フレッツ」関連の名称はNTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。
  • 「auひかり」は、KDDI株式会社の商標または登録商標です。

その他の記事