周辺機器

2022.4.7

ONUとは?光回線のインターネット接続に必要な機器を入手する方法

光回線は、高速かつ安定したインターネット回線として広く利用されています。光回線を利用するためには複数の機器が必要です。ONUも光回線を利用するための装置の一つですが、どんな役割を持つ装置なのでしょうか。また、どのように用意すればよいのでしょうか。こちらでは、ONUの役割や導入方法など、基本的な情報についてお伝えします。光回線のお申し込みを検討している場合は、参考にしてください。

目次

ONUの基礎知識

ONUはどんな装置で、インターネットに必要なモデムやルーターとはどのように違うのでしょうか。まずはONUの基礎知識についてご案内します。

ONUとは

ONUとは、光回線の終端装置のことで、光信号とデジタル信号を相互に変換する装置です。
「Optical Network Unit」の頭文字の略称でONUと呼ばれています。端末を光回線に接続するために必要な機器の一つであり、パソコンやルーターなどをこのONUとLANケーブルで接続することによって光回線を利用できます。

光回線とは、光ファイバーを使用したインターネット回線のことです。通信速度が速く、かつ安定しているのが特徴です。代表的な光回線のサービスとして、「フレッツ光」や光コラボレーションモデル(光コラボ)などが挙げられます。「フレッツ光」はNTTが提供している光回線です。光コラボレーションモデル(光コラボ)はNTTの光回線をプロバイダなどとセットで販売するサービスであり、事業者ごとに料金やオプションなどに細かな違いがあります。

フレッツ光回線以外の回線についてはこちらをご参照ください。

ONUとモデムやルーターの違い

モデムとの違い

モデムとは、アナログ信号とデジタル信号を相互に変換する機器のことです。端末を電話回線に接続するために必要ですが、現在は、CATVやADSLの利用時などに限られます。

ルーターとの違い

ルーターとは、複数の端末を同時にインターネットに接続する機器のことです。無線LANルーターを利用すれば、LANケーブルを利用した有線接続やWi-Fiによる無線通信も行えます。
ONUを直接パソコンと接続する方法では、1台しかインターネットに接続できません。複数のパソコンやスマホやタブレット、スマホなどをインターネットに接続するにはルーターが必要です。

近年は、ビジネスでもモバイル端末を利用することが多く、LANポートがないノートパソコンも普及しているため、Wi-Fi機能を備えたルーターを使うのが主流になっています。Wi-Fiルーターを使うことで、ケーブルの配線が少なくなり、オフィスやテーブル周りがすっきりするというメリットもあります。一方で、有線LAN接続のほうが速度や品質が安定することが多いため、環境や用途に応じて使い分けることが重要です。

光回線の利用に必要なONUやルーターを用意する方法

光回線を利用するためには、ONUやルーターが必要です。では、どのような方法で用意すればいいのでしょうか。以下では、ONUやルーターを用意する一般的な方法をご紹介します。

ONUを用意する方法

基本的にONUは自身で用意する必要はありません。光回線を契約すると、回線事業者からONUを無料でレンタルできるケースが多いためです。回線事業者によっては、Wi-Fiルーターの貸し出しも行っています。ただし、有料でのレンタルとなる場合があるためご注意ください。ひかり電話への加入で光電話対応ルーターのレンタル料金が無料となる場合もあります。

事業者から提供されるONUは原則として貸与品のため、光回線を解約した際は、ONUを返却する必要があります。

ルーターを用意する方法

ONUにルーター機能が搭載されていない場合は、別途ルーターを用意する必要があります。契約者自身で市販のルーターを購入するか、回線事業者からルーターをレンタルすることで入手可能です。

自身でルーターを用意する場合、接続設定などは利用者が対応することになります。レンタルの場合は、事業者のサポートを利用できるケースが一般的で、ルーターのレンタル料金が無料となるキャンペーンを実施している事業者もあります。ルーターには通信速度や最大接続数といった性能の違いがあるため、環境や用途によって最適なものを選ぶのがおすすめです。

なお、「AsahiNet 光」では、個人のお客様向けのキャンペーンで、最新のWi-Fiルーターを無料でプレゼントしています。光回線の契約を検討中の場合は、ぜひ参考にしてください。

光回線は安くて快適なASAHIネットへ

ONUを利用するサービスを検討している場合は、AsahiNet 光がおすすめです。おトクで快適なインターネット環境をご利用いただけますので、ぜひご検討ください。こちらではASAHIネットの強みについてご案内します。

ASAHIネットの特徴

ASAHIネットは、東証プライム市場上場・株式会社朝日ネットが運営するインターネット接続サービスです。1994年にインターネット接続サービスをスタートしました。
業界歴が長いからこその豊富な実績で、法人・個人問わず、信頼のサービスを提供しています。
お客様が毎日使うものだからこそ、常に安定してご利用ができるよう、ネットワーク品質の維持・管理には徹底してこだわっています。
品質を追求する姿勢は、外部調査機関が実施するインターネット・サービス・プロバイダの調査においても、高い評価をいただいています。これまでの受賞履歴はこちらをご覧ください。
またコールセンターを社内に置くことで、サポート品質の向上に取り組んでいます。技術サポートの電話窓口は365日(【受付時間】10:00-17:00)対応しているため、いざという時にもすぐにご相談いただける体制となっています。
ASAHIネットについて、詳しく知りたい方は、こちらをご確認ください。

AsahiNet 光について

AsahiNet 光は、フレッツ光回線とプロバイダをワンストップで提供するサービスです。契約からサポートまで、すべてをASAHIネットが行います。

回線速度はフレッツ光と同等で、最大1Gbpsのインターネット通信をストレスなくご利用いただけます。(通信速度はベストエフォートとなるため、利用環境によって速度は変動します。)新しい接続方式であるIPv6に標準対応している点もポイントです。

コースは一戸建てのファミリーコースと集合住宅向けのマンションコースの2種類があります。回線速度はフレッツ光と同じでありながら、おトクにご利用いただけます。

「AsahiNet 光電話」や「固定IPアドレス」などのオプションも充実しているため、ご利用環境に応じてオプションを追加していただくことで、より便利に、セキュアな環境でご利用いただくことも可能です。
AsahiNet 光では、固定IPアドレスサービスを低価格で利用可能なため、テレワークなどでも多くの方にご利用いただいております。
個人のお客様には、キャンペーン期間中に最新のWi-Fiルーターをプレゼントします。ルータープレゼント以外にもおトクな割引をご用意しているため、この機会にぜひご検討ください。

「AsahiNet 光」について詳しくはこちら

光回線の導入や運用に関して心配な場合は、お電話でお悩みに関するご相談にお答えすることが可能です。どうぞお気軽にお問い合わせください。

ONUは光回線の利用に不可欠な機器

ONUの役割や用意する方法について解説しました。光回線を利用するためには、ONUが必須です。通常は光回線の契約の際に貸与されるため、自身で用意する必要はありません。ルーターも無料でレンタルできる場合もあり、工事や設定が済めばすぐに光回線を利用できます。一方で、ONUやルーターをはじめとした光回線環境の構成要素について知っておくと、運用がスムーズになるでしょう。光回線の契約を検討している場合は、ぜひASAHIネットにご相談ください。

  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  • 「NTT」は、日本電信電話株式会社の商標または登録商標です。
  • 「フレッツ」およびその他「フレッツ」関連の名称はNTT東日本およびNTT西日本の登録商標です。

その他の記事