よくあるご質問

ダイヤルアップ接続

  • (Windows)接続回線を正常に切断できない。
    以下を確認ください。

    コンピュータウイルスW32.Blaster.Worm(亜種も含む)の影響でインターネット接続回線が正常に切断されない事象が発生する場合があります。

    ■条件
    ダイヤルアップによるインターネット接続をご利用で、以下の条件を満たす方
    ・ご利用のパソコンがW32.Blaster.Worm(亜種も含む)に感染している
    ・ウイルス感染の有無に関わらず無通信監視タイマ等による自動切断機能を利用している

    ■事象
    ダイヤルアップ接続をお使いの方が、ルータ等で自動接続・自動切断機能を利用している場合に、意図しない長時間接続により、電話会社通話料金や当社接続料金が余分にかかる現象が報告されています。手動接続・切断の利用をおすすめします。

    【お客様のパソコンがウイルスに感染していない場合】
    お客様のパソコン自体に問題がなくても、インターネットから各種ウイルスが出す通信パケットが入ってくるため、自動切断が有効にならないことがあります。
    このようなパケットが入ってきても、対策をしていればウイルス感染の危険はありません。しかし、通信時間が長くなって通話料金・接続料金が余分にかかることが考えられます。

    【お客様のパソコンがウイルスに感染している場合】
    ウイルスが出すパケットにより、インターネットに自動的に接続してしまうことが考えられます。このため、無駄な通話料・接続料がかかることがあります。
    使っていないときに勝手にインターネット接続をしてしまう場合、ウイルス感染をひとつの原因として疑ってみることをおすすめします。

    ■対応策
    ・以下のサイトを参考に、お客様のパソコン側でウイルス対策(ウイルスチェックおよび駆除)の実施
    >> 情報処理振興事業協会セキュリティセンター(IPA/ISEC)
    ・ご利用のパソコンおよびダイヤルアップルータで、インターネット接続からの手動切断を実施