Outlook 2016 後期版 設定確認

  • Windows版 Microsoft Outlook 2016 後期版 (バージョン 1810 以降)に基づいて設定の確認手順を説明しています。
  • 文中の[ ]の項目は、お客様ごとに異なる「指定された項目」です。
    実際に設定を行う場合は、お客様ごとに異なる「指定された項目」へ置き換えて設定してください。
  • 文中の[ASAHIネットID]の項目では、[ab4t-ash]として説明しています。

アカウントの確認

ソフトウェアの起動

スタート画面 スタート画面アイコン または、デスクトップ デスクトップアイコン から

Outlook 2016を起動します。

トップ画面

トップ画面

Outlook 2016が起動したら左上の「ファイル」をクリックします。

アカウント情報

アカウント情報

「アカウント設定」から「プロファイルの管理」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御ダイアログ

制御画面が表示された場合は「はい」をクリックします。

メール設定

メール設定画面

「電子メール アカウント」をクリックします。

アカウント選択

アカウント設定>電子メール 設定画面

設定を確認するアカウントを選択し、「変更」をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定

アカウントの変更画面

名前 お客様のお名前(任意設定) 例:朝日 太郎
電子メールアドレス [お客様のメールアドレス] 例:asahitaro@asahinet.jp
アカウントの種類 POP3  
受信メールサーバー(POP3) pop.asahi-net.or.jp  
送信メールサーバー(SMTP) mail.asahi-net.or.jp
mails.asahi-net.or.jp(※おまかせウイルスチェック契約の場合)
アカウント名 [ASAHIネットID] 例:ab4t-ash
パスワード [ASAHIネットIDに対応したパスワード] すべて半角小文字で入力
パスワードを保存する (任意設定)  
メールサーバーがセキュリティで保護された〜〜 チェックしない  

上記を参考に設定し、「詳細設定」をクリックします。

「送信サーバー」タブ

インターネット電子メール>送信サーバ 設定画面

「全般」タブでは各項目を任意に設定します。
「送信サーバー」タブに切り換えます。

送信サーバー(SMTP)は認証が必要 チェックする SMTP認証
受信メールサーバーと同じ設定を使用する チェックする  

上記を参考に設定し、「詳細設定」タブに切り換えます。

「詳細設定」タブ

インターネット電子メール>詳細設定画面

サーバーのポート番号
受信サーバー 995  
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要 チェックする POP over SSL/TLS
送信サーバー 465  
使用する暗号化接続の種類 SSL/TLSを選択 SMTP over SSL/TLS
配信
サーバーにメッセージのコピーを置く (任意設定)

上記を参考に設定します。
設定後、「OK」をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定

アカウントの変更>POPとIMAPのアカウント設定画面

画面が戻ったら「次へ」をクリックします。

テスト アカウント設定

テストアカウント設定画面

アカウントのテストが開始されますので、完了したら「閉じる」をクリックします。

設定完了

完了画面

「完了」をクリックします。

閉じる