メーリングリスト管理者用マニュアル:設定ファイルの各項目解説

このマニュアルでは、メーリングリストの設定ファイルの各キーワードと、その意味について解説します。

なお、実際の設定ファイル中にあっても解説をしていないものもありますのでご了承ください。

設定項目の一覧

admin_passwd

管理用コマンドをコマンドメールで送る時に必要なパスワードを設定します。

例:パスワードを FooBar と設定する場合
admin_passwd = FooBar

administrivia

通常のメーリングリストのアドレスへメーリングリスト操作用のコマンドが送られて来た場合、それを管理者へ転送するかどうかを指示します。

yes なら転送し、no ならば転送せず、そのままメーリングリストへ流します。

approve_passwd

moderate機能を使うよう、メーリングリストが設定してある場合、

Approved: PASSWORD

というヘッダがないメールはメーリングリストへ流すことができません。このPASSWORDは、このapprove_passwdで設定したパスワードを使います。admin_passwd の値でも OK です。

date_info

yes であれば、info ファイルの先頭に、info ファイルの最終更新日時を自動的に付加します。

debug

yes であれば、実際のメールの再配布は行いません。

description

この description に設定した文章が lists コマンドによって返されるメーリングリスト一覧の、メーリングリストの名前の横に付加されます。

おおよそ 50バイト程度の長さのものを設定するとよいでしょう。

digest_name

ダイジェストの Subject: 行 (標題) の文字列を設定します。

例:ダイジェストメールの Subject: を "Digest of ASAHI-CLUB" とする場合
digest_name = Digest of ASAHI-CLUB

maxlength

最大で、何バイトまでのメールを送ることができるようにするか、また、何バイトごとにダイジェストを発行するのかを設定します。 単位は「バイト」です。メーリングリストを新規開設した直後は 40,000 バイトに設定されています。

メーリングリストに流れる各メールの最後に付加するテキストを設定します。

すべてのメールに文章を付加したい場合に使用します。普通の文字列に加え、次のような特殊文字列を使用できます。実際に送るときは、これらの文字列をそれぞれの内容で置き換えます。

  • $LIST … メーリングリスト名
  • $ISSUE … 通し番号
  • $SENDER … メールの From: 行にある(発信者)アドレス
  • $VERSION … 使用されている majordomo のバージョン情報

なお、ダイジェストに対しては、この設定は適用されません。

message_fronter

メーリングリストに流れる各メールの本文の先頭に付加するテキストを設定します。

特殊文字列としては、message_footer と同じものが使用できます。ダイジェストについてはそれらは使えませんが、_SUBJECTS_ というものが使用できます。_SUBJECTS_ は、ダイジェストに含まれるメールの Subject: の一覧に置き換えられます。

message_headers

メーリングリストの各メールの「ヘッダ」に付加するメーリングリストの独自のヘッダを設定します。

各メールのヘッダにメーリングリスト名を X-Ml-Name: というヘッダに、通し番号を X-Ml-Count: というヘッダに付加します。

message_headers << END
X-Ml-Name: $LIST
X-Ml-Count: $ISSUE
END

moderate

yes であれば、メーリングリストは Approved: ヘッダがないメールを流すことができません。
本設定により、管理者用のパスワードを知っている人しかメーリングリストに記事を流せないようにすることができます。

Approved: ヘッダのないメールが送られてくると、管理者へいったん転送されますので、管理者は Approved: 行を付加してメーリングリストへ再送してください。Approved: には、approve_passwd、または、 admin_passwd に設定されているパスワードを続けて入力します。ヘッダに Approved: 行を付加する方法は、メールソフトによって異なります。詳しくはメールソフトメーカーにご確認ください。

ヘッダを編集できないメールソフトの場合には、以下のように、特別な形式のメールを本文に書くことで代用可能です。

Approved: PASSWORD
From: name@asahi-net.or.jp
To: address@ml.asahi-net.or.jp
Subject: subject

body1
body2

本文の1行目に「Approved: PASSWORD」を書きます。そして、2行目以降にメールのヘッダを書きます。そしてヘッダの後に空の行、そしてそれに続いてメールの本文を書きます。これによって、本文に書かれたヘッダと真の本文が一つのメールとして配送されます。

mungedomain

yesであれば、e-mail アドレスの比較の際、厳密な比較を行いません。 user@A.B.jp と user@B.jp を同じものとして扱います。

private_get

getコマンドが、メーリングリストのメンバーにしか実行できないかどうかを指定します。yes ならメーリングリストメンバーしかgetを実行できません。

private_index

indexコマンドが、メーリングリストのメンバーにしか実行できないかどうかを指定します。yes ならメーリングリストメンバーしかindexを実行できません。

private_info

getコマンドが、メーリングリストのメンバーにしか実行できないかどうかを指定します。yes ならメーリングリストメンバーしかgetを実行できません。

purge_received

メールをメンバーに再配布する前に Received: 行を削除するかどうかを指定します。yesであれば削除します。

reply_to

メーリングリストの Replyt-To:に入るメールアドレスを設定します。メーリングリストから配布されてきたメールに reply をすると、大抵のメーラは、この設定にあるアドレスへ返答を出そうとします。

ここにメーリングリストのアドレスを設定しておけば、メーリングリストのメールへの reply はメーリングリストに返されるよう、誘導できます。

restrict_post

メーリングリストにメールを送ることのできる人の一覧を指定する。メーリングリストの名前をここに指定すると、そのメーリングリストのメンバーしか送ることができなくなる。

何も指定しない場合には、制限は行われない。

メーリングリストasahi-club のメンバーだけがメールを送ることができるようになります。

restrict_post = asahi-club

strip

yesであれば、メンバーの一覧 (e-mail アドレスのリスト) を作成する時に、アドレスのコメントの部分、つまり ( ) で囲まれた部分は取り除き、純粋にアドレスの部分だけを保持するようにする。

subject_prefix

メーリングリストの各メールの Subject: に付加する文字列を指定する。

ここには任意の文字列が使用できるが、以下のような文字列は特別な意味を持ち、実際に送られる場合は、それぞれの内容に置き換えられる。

  • $LIST … メーリングリスト名
  • $ISSUE … 通し番号
  • $SENDER … メールの From: 行にある(発信者)アドレス
  • $VERSION … 使用されている majordomo のバージョン情報
subject_prefix = [Asahi Club: $ISSUE]

と設定すると、各メールの Subject: 行の先頭に

Subject: [Asahi Club: 123] こんにちは

といったように、"Asahi Club:" という文字列と、通し番号を[ ]で囲んだものが付加されます。

なお、元のメールに Subject: が無い場合には、この処理は実行されません。

subject_rm_regexp

メーリングリストに送られてきたメールの Subject: 行から、この subject_rm_regexp に指定されたパターン (正規表現) にマッチする文字列を取り除いた上で再配布を行います。

subject_prefix になんらかの文字列を指定した場合には、ここに

subject_rm_regexp = \[.+\]

と設定すると、各メールの Subject: 行の先頭にある [.+] という正規表現にマッチする文字列が削除され、subject_prefix が処理されます。たとえば、

Subject: Re: [Asahi Club: 123] こんにちは

という Subject のメイルは [.+]、つまり、[ で始まり、] で終る文字列が取り除かれ、

Subject: Re: こんにちは

となります。これに subject_prefixが付加され、多少の処理が加わって、

Subject: [Asahi Club: 124] Re: こんにちは

のようになり、配送されます。

subscribe_policy

新規加入希望者が subscribe で参加申込して来た場合のサーバの挙動を設定します。

open

管理者の承認を経ることなく、サーバが subscribe コマンドを受け取った時点で、その人のアドレスを登録します。ただし、subscribe コマンドの引数に指定したアドレスと、その申込メールの From: 行のアドレスが異なって場合には、管理者へそのメッセージを転送し、 approve subscribe コマンドによる登録承認が必要となります。

closed

すべてのsubscribeメールは管理者へ転送され、管理者の承認を得るまで登録は実行されません。

閉じる