メーリングリスト管理者用マニュアル:コマンド一覧

このマニュアルでは、メーリングリストの管理者がメーリングリストをコマンドを利用して管理する方法についてご案内致します。
ご覧になりたい項目をクリックしてください。

このページでの記述方法について

このページで解説するコマンドは、メーリングリストの管理者用のコマンドです。

コマンドメールを記述する際を管理者用の「パスワード」をコマンドと一緒にサーバへ送る必要があります。

コマンドメールの送信方法については「コマンドメールの送信方法」をご参照ください。

以下のコマンドの記述の中で [ ]で囲まれた部分は省略が可能なことを表します。

また、<list>はメーリングリスト名 (メーリングリストアドレスのうち、@の左の部分) を<password>はメーリングリスト管理者の「パスワード」を表します。

参加、脱退の承認

approve <passwd> {subscribe|unsubscribe} <list> [<address>]

入会希望者の subscribe コマンドや、脱退希望者のunsubscribe コマンドを管理者が「承認」するためのコマンドです。

メーリングリストの「参加者の受け入れ形態」が「closed (管理者承認が必要)」となっている場合、subscribe や unsubscribe といったコマンドメールは、いったん、管理者ヘ転送されます。 その転送メッセージには subscribe や unsubscribe のコマンドの送り主の e-mail アドレスと、そのコマンドを承認する場合のコマンドが記述されていますので、その「パスワード」の部分を「承認用パスワード」に置き換えて、Majordomo@ml.asahi-net.or.jp 宛に送ってください。

「承認」だけでなく、特定のアドレスを強制的に登録したり、削除したりすることもできます。

asahi-club メーリングリストへの AB1C-ASH@asahi-net.or.jp の subscribe メールを承認する場合のコマンド

approve PASSWORD subscribe asahi-club AB1C-ASH@asahi-net.or.jp

一度に複数の承認をする場合は、以下のように改行します。

approve PASSWORD subscribe asahi-club AB1C-ASH@asahi-net.or.jp
approve PASSWORD subscribe asahi-club AB2C-ASH@asahi-net.or.jp
approve PASSWORD subscribe asahi-club AB3C-ASH@asahi-net.or.jp

asahi-club メーリングリストへの AB1C-ASH@asahi-net.or.jp の unsubscribe メールを承認する場合のコマンド

approve PASSWORD unsubscribe asahi-club AB1C-ASH@asahi-net.or.jp

一度に複数の承認をする場合は、以下のように改行します。

approve PASSWORD unsubscribe asahi-club AB1C-ASH@asahi-net.or.jp
approve PASSWORD unsubscribe asahi-club AB2C-ASH@asahi-net.or.jp
approve PASSWORD unsubscribe asahi-club AB3C-ASH@asahi-net.or.jp
  • PASSWORD の部分は実際の「承認用パスワード」に置き換えてください。

参加者の確認

approve <passwd> who <list>

メーリングリストの参加者の一覧を取り寄せるためのコマンドです。

<passwd> に管理用のパスワードを、<list> にメーリングリストの名前を指定して、Majordomo@ml.asahi-net.or.jp宛に送ります。

asahi-club の参加者の一覧を取り寄せる場合のコマンド

approve PASSWORD who asahi-club

設定ファイルの取得

config <list> <password>

メーリングリストの「設定ファイル」を取り寄せます。

このコマンドで取り寄せた設定ファイルの必要箇所を変更したものを、newconfig 又は writeconfigコマンドと共にサーバへ送ると、メーリングリストの設定が変更されます。

設定ファイルの更新

newconfig <list> <password>

このコマンドの次の行からメールの最後まで、あるいは、EOFだけの行までの間を新たな「設定ファイル」として、サーバに置きます。

  • 変更部分だけでなく、変更のない部分も含めてすべて、つまりconfig コマンドによって返されるファイルの形のままで、newconfig コマンドと一緒に送るようにしてください。誤った設定ファイルを送ると、メーリングリストが正常に動作しなくなる可能性があります。

設定ファイルの整形

writeconfig <list> <password>

メーリングリストの「設定ファイル」を整形しなおします。

サーバ上にある設定ファイルを整形し、あらたにコメントなどを自動的に付加しなおします。

上記の newconfigとは異なり、コメントなどはそのままの形で保持されます。新たに置き換えられたり、整形されたりはしません。

ダイジェストの強制発行

mkdigest <digest list name> <password>

ダイジェスト機能を設定してあるメーリングリストでは、ダイジェストは一日に一度、あるいは、メーリングリストに流れたメールの総計が設定ファイルに指定してある大きさになった場合に、発行されます。

mkdigestコマンドは、時間や大きさに関係なく、ダイジェストをサーバへ発行させます。

アーカイブからのメールの削除

delete <list> <password> <No.>

アーカイブから指定した番号のメールを削除します。<list> にメーリングリスト名、<password> に管理用パスワード、<No.> にメールの番号を指定します。

asahi-club のアーカイブ中の10番目のメールを取り寄せるコマンド

deletee asahi-club PASSWORD 10

閉じる