IPv6接続機能 動作要件 Windows10

IPv6通信を使うための推奨設定と、正常動作時の状態をご覧いただけます。
ここに記載されている設定値は、ほとんどのPCにおいて初回起動時の標準設定となっているため、通常は設定の必要がありません。

ネットワーク設定画面を開く

スタートメニュー

「スタート」→「設定(歯車のアイコン)」を開きます。

コントロールパネル

「ネットワークとインターネット」をクリックします。

ネットワークとインターネット

「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

ネットワークと共有センター

ルータと有線で接続している方は「イーサネット」を、無線で接続している方は「Wi-Fi」を右クリックし、
メニューから「プロパティ」をクリックします。

  • 適切なアイコンが表示されていない場合、パソコンの製造元にお問い合わせください。

プロパティ

ローカルエリア接続のプロパティ

中央の「インターネットプロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」を選択します。※チェックは外しません。
次に「プロパティ」をクリックします。

インターネットプロトコル バージョン6(TCP/IPv6)のプロパティ

インターネットプロトコル バージョン6(TCP/IPv6)のプロパティ

「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れます。
「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れます。

設定は以上です。「OK」→「OK」とクリックし、元の画面に戻ります。

通信状況の確認

代替の構成

ルータと有線で接続している方は「イーサネット」を、無線で接続している方は「Wi-Fi」を右クリックし、
メニューから「状態」をクリックします。

ローカルエリア接続のプロパティ

「詳細」をクリックします。

ローカルエリア接続のプロパティ

赤枠の箇所にIPv6のIPアドレスが表示されていれば、IPv6ネットワークに接続されています。
※ASAHIネットのIPv6接続機能では、プレフィックスの先頭部分が、以下の範囲で始まる値が表示されます。
東日本[2405:6580〜2405:6583]
西日本[2405:6584〜2405:6587]

閉じる