Windows CE2.0

Windows CE2.0接続設定方法

WindowsCE2.0では、画面を付属するスタイラスで触れることで操作をします。このスタイラスで画面に触れることを「タップ」と言います。

  1. 「スタート」→「プログラム」→「通信」→「リモートネットワーク」とタップし、フォルダを開きます。
  2. 「新しい接続」をダブルタップします。
  3. 「接続名」に任意の名前(通常は接続先の名称)を入力します。ここでは例として「asahi-net」と入力します。
    「接続の種類」の「ダイヤルアップ接続」にチェックを付けて「次へ」をタップします。

    新しい接続

  4. 「新しいダイヤルアップ接続」画面に移動します。
    「モデムの選択」で使用するモデムを選択し、「モデムの設定」をタップします。
    ここでは例として標準(内蔵)モデムを指定しています。外付けのモデム、PCMCIAカードモデムなどをご利用の方は、該当モデムの説明書とWindowsCE2.0のマニュアルを参照の上、設定を行ってください。

    モデム選択

  5. 「通信速度」の設定は、使用するモデムの速度に合わせます。
    「OK」をタップし、「新しいダイヤルアップ接続」の画面に戻ります。

    ポート設定

  6. 「新しいダイヤルアップ接続」の画面では、次に「TCP/IPの設定」をタップします。
    「全般」タブでは、「サーバーが割り当てたIPアドレスを使用する」をチェックし、「IPヘッダ圧縮を使用する」をチェックします。
    接続状態に問題がある場合は「IPヘッダ圧縮を使用する」のチェックを外してから、接続を試みます。

    TCP/IP設定

  7. 設定が終え「OK」をタップして「新しいダイヤルアップ接続」の画面に戻ります。
    「次へ」をタップします。

  8. 「新しいダイヤルアップ接続」のアクセスポイントの設定画面では、最寄りのアクセスポイントを入力します。

    「国番号」は日本国内で使用する場合は常に「81」です。
    携帯電話やPHSでの通信では、「市外通話としてダイヤル」をチェックし、常に市外局番から発信するように設定します。
    「OK」をタップします。

    AP設定

  9. 「スタート」→「プログラム」→「通信」→「リモートネットワーク」→「asahi-net」とアイコンを選び、「ダイヤルアップ接続」画面を表示します。
    「ユーザー名」には、ASAHIネットのユーザーID@atson.net(例としてab4t-ash@atson.net)を入力します。
    ※2002年1月24日にアクセスポイントが変更になりました。 アクセスポイントをご利用される場合は接続時に指定するユーザーIDの後ろに「@atson.net」を付加してください。
    「パスワード」には、ASAHIネットのパスワードを入力します。
    「ドメイン」には、何も入力しません
    「パスワードの保存」にチェックすると、パスワードがシステムに保存できますが、パスワードの変更時に設定をすべて変える必要があり、また、誤って気づかずに接続してしまうという事故を防ぐためにも、パスワードは接続の都度入力することをお勧めします。
    「接続」をタップするとダイヤルアップ接続を開始します。

    接続画面

    ゼロ発信を使う場合、「ダイヤルのプロパティ」をタップして以下の設定をします。
    「発信元」で、勤務先を選択−ゼロ発信をする場合
    「発信元」で、自宅を選択−ゼロ発信をしない場合や携帯電話やPHSでの通信の場合

  • 個人会員の方|ログイン
  • 法人会員の方|ログイン

ASAHIネット会員のID、パスワードを
ご用意ください。

パスワードを忘れた方はこちら

ご友人・知人紹介キャンペーン

お引越しのお手続き

お気軽にお電話ください
カスタマーサポート

おかけ間違いにご注意ください

0120-577-108
携帯電話やIP電話などは03-6631-0856
平日10時から17時まで
技術サポート

おかけ間違いにご注意ください

0120-577-126
携帯電話やIP電話などは03-6631-0858
年中無休10時から17時まで
メールでお問い合わせ
お手続き・サービスのお問い合わせ
接続や設定に関してのお問い合わせ