ID・パスワード管理の重要性ついて

第三者がお客様になりすましてインターネットを不正に利用するトラブルを未然に防ぐためにも、お客様のパスワードはご自身で適切かつ厳重に管理してください。

IDとパスワードは、実印や銀行の「口座番号」と「暗証番号」と同じです

ASAHIネットの各種サービス(インターネット接続・メール受信・オプション申し込みなど)は、IDとパスワード(1IDにつき1パスワード)を入力し、両方が正しいことを確認した後に初めて利用できる仕組みとなっています。

ID・パスワードはこうして盗まれます

  • キーボードでタイプしているところを第三者に覗き見られる。
  • パスワードをメモした紙をパソコンに貼り付けたり、声にだして読み上げる。
  • 不要になった機器(パソコンやインターネット接続機器)を初期化せずに廃棄する。
  • インターネットカフェや図書館などで、第三者と共用のパソコンにパスワードを保存したり、ログインしたままの状態にする。
  • 生年月日や電話番号など、第三者に推測されやすいパスワードを設定する。

ID・パスワードを盗まれてしまうと・・・

  • お客様の知らないところで有料サービスを利用され、心当たりのない請求が届いてしまう。
  • お客様の名前を騙って迷惑メールを送信されてしまう。
  • お客様宛の電子メールが盗み見られてしまう。

ID・パスワードはご自身で管理してください

パスワードを管理する際には、以下の点にご注意ください。

  • パスワードは、定期的に変更するようにしてください。
  • ASAHIネットID、氏名、生年月日、電話番号、短い単語、同じ言葉の繰り返しなど、第三者が推測しやすい文字列は設定しないでください。
  • 第三者にパスワードを知られてしまった可能性のある場合(例:ご自身以外のパソコンにパスワードを入力した際)には、速やかにパスワードを変更してください。
  • パスワードは、家族や友人を含めて第三者には教えないようにしてください。

パスワードの変更手続きについて

ASAHIネットIDに対応したパスワードは、次のページにてご変更が可能です。

パスワードが分からなくなってしまった場合には・・・

パスワードが分からなくなった場合は、「パスワードの変更・再設定」ページのパスワード再設定ナビゲーションでお手続き方法をご案内いたします。
詳細は以下のページをご確認ください。