ASAHIネットのIPv6接続機能 ― IPv4 over IPv6接続― | DS-Liteでインターネットがさらに快適ASAHIネットのIPv6接続機能 ― IPv4 over IPv6接続― | DS-Liteでインターネットがさらに快適

IPv6接続機能(IPv4 over IPv6接続)

本機能は、ASAHIネットのIPv6接続機能の付加機能です。
IPv4 over IPv6接続は、混雑が少なく快適にご利用いただけるIPv6ネットワーク上でIPv4接続ができます。

対象コース

  • AsahiNet 光
  • ASAHIネット 光 with フレッツ
  • ASAHIネット ドコモ光
  • フレッツ 光ネクスト
  • フレッツ 光ライト
  • フレッツ 光クロス
  • ASAHIネット マンション全戸加入プラン

IPv6は快適、そしてカンタン!

IPv6接続(IPoE + DS-Lite方式)でより快適なインターネット利用を実現。

IPv4・IPv6どちらのサイトにもIPv6ネットワークで通信することで、高速で快適なデータ通信が可能になります。

IPv4 対応サイトも快適 | 接続設定不要 | 追加料金なし

DS-Lite (Dual-Stack Lite)という技術で、IPv6ネットワーク上でIPv4の通信を可能にします。

IPv6接続機能(IPv4 over IPv6接続)の詳細

接続方式 DS-Lite
IPアドレス IPv4形式のIPアドレスを提供します。
なお、IPアドレスは常時固定のIPアドレスを提供するものではありません。
必要条件
  • IPv6接続機能のIPv6接続(IPoE方式)の必要条件を満たすこと
  • 対応ルータをご利用されていること

サービスによっては、サービスのお申し込みにより条件を満たしている場合もございます。

詳細は「ご利用までの流れ」を確認ください。

IPv4 over IPv6接続 対応ルータ

レンタルルータ(ホームゲートウェイ)
メーカー 対応機種 レンタル方法
NTT東日本・西日本 XG-100NE
PR-600KI/ PR-600MI/ RX-600KI/ RX-600MI/
PR-500KI/ PR-500MI/ RT-500KI/ RT-500MI/
RS-500KI※/ RS-500MI※

光回線のご契約先へお問い合わせください。

  • AsahiNet 光をご利用のお客様は、AsahiNet 光受付センターへご連絡ください。
  • NTT東日本のみの提供となります。
お客様ご用意のルータ
メーカー 対応機種 オンラインストアのご案内
アイ・オー・データ機器 WN-DEAX1800GR
WN-DX1200GR
アイオープラザ
NECプラットフォームズ Aterm WX(AX)1800HP
Aterm Biz SH621A1
Aterm WG1200HS4
Aterm WG1200HP4
Shop@Aterm
ELECOM WRC-1167GS2-B
WRC-X1800GS-B
WRC-2533GS2-B
WRC-2533GS2-W
-
バッファロー WSR-1500AX2S
WSR-1166DHPL2
Amazon
  • 最新のファームウェアでご利用ください
  • 光クロス回線のサービスをご利用の場合は、「XG-100NE」のみが対応となります。そのため、AsahiNet 光クロスコース、ASAHIネット ドコモ光 10ギガコース、フレッツ 光クロスコース、ASAHIネット 光 with フレッツクロスをご契約のお客様は、レンタルルータのお申し込みをお願いいたします。

ご利用までの流れ

お手続き前にご確認ください

以下コースをご利用のお客様は、利用開始のお手続きは不要です。

  • AsahiNet 光クロスコース
  • ASAHIネット ドコモ光 10ギガコース
  • フレッツ 光クロスコース
  • ASAHIネット 光 with フレッツクロス(東日本エリア)

また、接続サービスのお申し込みと合わせて「IPv4 over IPv6接続」のお申し込みをされたお客様もお手続きは不要です。

IPv6接続機能(IPoE)をご利用でない場合は、お申し込みの際に「お客さまID」が必要となります。ご用意のうえお手続きください。

  • STEP 1対応ルータをご用意ください

    対応ルータをご用意ください

    IPv4 over IPv6接続は、ご利用開始のお手続き後、数時間でご利用可能となります。
    お手続き前に対応ルータをご用意のうえ、ONUへ接続して電源を入れてください。

  • STEP 2利用開始のお手続き

    利用開始のお手続き

    以下よりご利用開始のお手続きをしてください。

    お手続きページに進む

  • STEP 3自動接続設定

    自動接続設定

    お手続き完了後、自動で接続設定が完了します。
    設定完了後、すぐにご利用いただけます。

  • STEP 4利用開始

    利用開始

    IPv6で接続できているかどうかをお客様ご自身でご確認いただけます。

    以上

よくあるご質問

  • IPv4 over IPv6とは何ですか?

    IPv6のネットワークで、IPv4のデータを流す仕組みのことです。
    IPv6対応サイトだけでなく、IPv4対応サイトにも、IPv6ネットワークで通信できます。

  • IPv4 over IPv6接続(DS-Lite)とIPv4接続(PPPoE)は何が違うのですか?

    インターネットに接続するまでに経由する通信設備が異なります。
    IPv4 over IPv6接続(DS-Lite)は、混雑による速度低下が発生しにくい設備を経由します。

  • IPv4 over IPv6接続(DS-Lite)を申し込むと、IPv4接続(PPPoE)は利用できなくなりますか?

    IPv4接続(PPPoE)を標準提供しているサービスであれば、引き続きIPv4接続(PPPoE)もご利用になれます。

注意事項

他社プロバイダから乗り換えされるお客様

  • 他社プロバイダからの乗り換えで対象コースにお申し込みいただく場合、他社IPv6接続サービスをご利用中の間は、「IPv6接続機能」をご利用いただくことができません。そのため、IPv6接続(IPoE方式)、IPv4 over IPv6接続(DS-Lite方式)をASAHIネットでご利用いただけません。
  • 他社プロバイダのIPv6接続サービスをご利用中のままASAHIネットの手続きが進んだ場合、IPv6接続機能の利用開始が出来ないため、メールにて確認のご連絡をいたします。ASAHIネットから連絡がありましたら、他社プロバイダのIPv6接続サービスを無効にした後に、ASAHIネットの「IPv6接続機能」の利用開始手続きを改めて行ってください。

光回線の回線IDが「COP」のお客様

  • 回線IDが「COP」で始まる光回線をご利用中で、2014年9月以前に光電話の契約をしていた場合、IPv4 over IPv6接続がご利用いただけない場合がございます。
  • 光電話を「タイプ1」でご利用の場合は、「タイプ2」へ変更をお願いいたします。なお、タイプ変更の際、光電話対応機器が交換となる場合がございます。