2005年プレスリリース

前のページに戻る

2005年7月27日
株式会社朝日ネット

Press Release

ASAHIネット、イメージキャラクターとして五嶋龍氏を起用

五嶋龍

 株式会社朝日ネット(東京都中央区・草野貴之社長)は、同社が運営するインターネットサービスプロバイダ「ASAHIネット」の光接続サービスの広告イメージキャラクターとして、ヴァイオリニスト五嶋龍(ごとうりゅう)氏を起用いたします。

 五嶋龍氏は、1988年生まれの17歳。すでにすばらしい実績をもち、かつ将来を嘱望されるヴァイオリニストです。
 ちょうど同じ年の1988年にASAHIネットは、「交流と創造」を理念としたネットとして生まれました。1995年にインターネットプロバイダーとなって以降、回線品質とサービス内容が評価され、数々のインターネット誌のユーザー満足度調査の上位に入っております。

 数々の受賞歴に輝き、かつ無限の可能性を秘め、広く世界の「交流と創造」をうみだしていく存在として、五嶋龍氏をイメージキャラクターとして起用いたしました。

 またASAHIネットは、五嶋龍氏の公式ホームページとなるRyu Goto Official Web Site(http://www.ryugoto.com/)の制作を支援するなど、五嶋龍氏を応援してまいります。


※Ryu Goto Official Web Site(http://www.ryugoto.com/)
本オフィシャルサイトの立ち上げに際し、ASAHIネットは、デザイン制作から、サーバー提供、ファンクラブ会員管理の仕組みなど必要な機能をすべて提供しています。


五嶋龍オフィシャルウェブサイト http://www.ryugoto.com/
2005年7月27日オープン

ファン待望の五嶋龍オフィシャルサイトがついにオープンします。五嶋龍に関する公式な情報をご覧いただけます。

さらに詳しい情報を知りたい方に、登録制のRyu Friends専用サイトもご用意しました。登録費・年会費共に無料です。五嶋龍オリジナル壁紙・スクリーンセイバーを無料でダウンロードもできます。

オフィシャルサイトオープンを記念して、9月30日までにRyu friends(入会費・年会費無料)にご登録いただいた方に、以下のプレゼントを抽選でご用意しています。

  • 五嶋龍オレンジカード(非売品:東日本旅客鉄道株式会社提供)
  • デビューアルバム「五嶋 龍/Ryu Goto」(8月3日発売・ユニバーサルミュージック株式会社提供)
  • 五嶋龍フォトエッセイ集「Ryu フォト&エッセイ」(8月3日発売・株式会社文藝春秋提供)
  • TEPCOひかりオリジナルタワースピーカー(東京電力株式会社提供)
  • 五嶋龍オフィシャルサイト特製マウスパッド(非売品:株式会社朝日ネット提供)

*五嶋龍氏について
1988年ニューヨーク生まれ。3歳でヴァイオリンを始め、建部洋子氏、ビクター・ダンチェンコ氏、チョー・リャン・リン氏に師事。ニューヨークのトリニティー高等学校、ジュリアード・プレカレッジ在学中。
これまでに、ノース・キャロライナ・ユース・コンペティションで特別大賞、コネティカット州スタンフォードのグリニッチ・ユース・オーケストラ・コンペティションで優勝、ニューヨークのリンカーンセンターのアリス・タリー・ホールで、ルチア・アルバニーズ・プッチーニ財団から器楽奏者として初の特別賞を受賞した他、ニューヨーク日本商工会議所からも初のスカラシップ賞を受ける。
ドイツ・グラモフォンと専属契約を結び、今年8月3日にはデビューCDがリリースされる。同日、文藝春秋社からはフォト&エッセイ集も出版される。9月19日には、1996年よりフジテレビで毎年放送されてきたドキュメンタリー「五嶋龍のオデッセイ」最終回が予定されている。現在JR東日本のCMに出演中。
趣味は、空手(二段)、ギター。音楽社会奉仕活動にも積極的に参加している。

*ASAHIネットについて
1988年11月、朝日新聞社において、パソコン通信サービス「ASAHIパソコンネット(現在のASAHIネット)」の運営を開始。「交流と創造」を理念としたパソコンネットとしてスタート。
1990年株式会社アトソン(現在の株式会社朝日ネット)を設立。
1993年パソコン通信で作品を募集し、選考過程をネットで公開するパスカル短編文学新人賞を設立。 選考委員は、井上ひさし氏、筒井康隆氏。第1回受賞者は川上弘美氏。
1995年インターネットプロバイダーとなって以降は、回線品質とサービス内容が評価され、数々のインターネット誌のユーザー満足度調査上位に入る。