2003年7月30日
株式会社朝日ネット

Press Release

20M超ADSLサービスへの対応を開始
〜本日イーアクセス回線での受付開始。12Mと同じ月額2,800円で〜


 株式会社朝日ネット(東京都中央区・土方次郎社長)が運営するインターネットサービス「ASAHIネット」は、 先日発表したフレッツADSL24Mタイプへの対応に続き、ホールセール事業者のADSL回線を利用した下り最大速度が20Mを超えるADSLサービスへの対応を開始します。 第一弾としてイーアクセスの最大速度24MのADSL回線を利用した「ADSLイーアクセスコース」を本日から受け付けます。 月額利用料金は現行の12Mサービスと同じ2,800円です。

 今回の24Mサービスの受付開始にあたり、現行のイーアクセスADSL回線を利用した「ADSL-Eコース」(1.5M)、「ADSL-8Eコース」(8M)、 「ADSLプラスEコース」(12M)の各サービスについては新規の受付を停止します。 あわせて、各サービスの名称を順次「ADSLイーアクセスコース」に統一します。

 なお、トーカイブロードバンドコミュニケーションズの回線を利用した「ADSLトーカイコース」は8月末頃、 アッカネットワークスの回線を利用した「ADSLアッカコース」については9月末頃の受付開始を予定しています。

▼今後のASAHIネットのADSLサービス提供について

 ADSL技術は、現在1.5Mから26Mまで複数の規格が存在します。ASAHIネットでは、これらの規格を大きく「ADSLサービス」としてとらえ、 ASAHIネットでのサービス名称を統一していきます。さらに新規受付に当たっては、その時点においてASAHIネットが最も適当と判断した規格に限定していきます。 今後、この二つの方針に沿って、ADSLをお客様にとってより分かりやすいサービスとして提供できるよう努力してまいります。

 またASAHIネットでは、ホールセール事業者系ADSLサービスの「NTT回線使用料」を8月利用分から以下のとおり改定します。

タイプ1 タイプ2
現行 173円 1,933円
8月以降 168円 1,829円

表記の料金はすべて消費税別です。