2003年3月3日
株式会社朝日ネット

Press Release

IP電話サービス提供開始
NTT ComのVoIP基盤に接続。フレッツも3月中旬に対応開始

〜IP電話基本料等が無料となるスタートダッシュキャンペーンを実施〜

  

 株式会社朝日ネット(東京都中央区・土方次郎社長)が運営するインターネットサービス「ASAHIネット」は、本日から、IP電話サービス「IP電話C」の提供を開始します。

 「IP電話C」は、月額基本料280円、初期登録料500円、ADSLモデム一体型IP電話端末(IAD)のレンタル料月額780円での提供となります。「IP電話C」サービス利用者同士、さらにはNTTコミュニケーションズのVoIP基盤ネットワークを利用するISPとの相互通話については無料、また、「IP電話C」利用者から一般加入電話への通話も国内3分8円の低価格で提供します。

 また2003年4月30日までの「IP電話C」お申し込みについて「IP電話Cスタートダッシュキャンペーン」として、IP電話の初期登録料、IP電話基本料月額を最大3ヶ月分、IADレンタル月額料金のIP電話機能分(280円)、さらに現在ADSLレンタルモデムをご利用中の場合はIADへの交換手数料(1,000円)をすべて無料といたします。

 サービス内容について詳しくは以下をご覧ください。
IP電話C

 「IP電話C」は、当初アッカネットワークスの回線を利用したASAHIネットのADSLサービス(8M/10M、12M)利用ユーザーを対象として提供し、イーアクセス(8M/12M)、T-com(12M)の回線を利用したADSLサービスの利用ユーザーへの提供開始は4月中旬頃を予定しています。

 NTT東西のIP電話端末に対応したIP電話サービス「IP電話F」についても、フレッツADSLおよびBフレッツの利用ユーザーを対象に提供を予定しており、NTT東西のサービス開始にあわせて受付を開始できるよう準備をすすめています。

ASAHIネットでは、常時接続環境ならではのアプリケーションであるIP電話サービスを、ISPにおける基本サービスの一つと位置付け、早期により多くのブロードバンド回線を対象にサービスを提供できるようラインアップの整備を進めてまいります。

表記の料金はすべて消費税別です。