IP53Bの実施について

ASAHIネットでは、「IP53B(Inbound Port 53 Blocking)」を実施しております。このページではIP53Bの詳細及び解除方法についてご案内いたします。

IP53B(Inbound Port 53 Blocking)とは

IP53B(Inbound Port 53 Blocking)とは、オープンリゾルバになっているサーバーや通信端末が、DDoS攻撃※1などの踏み台として利用されないように、UDP53番ポート※2をあらかじめブロックする手法です。
外部ネットワークからのお客様のIPアドレスに対するアクセスを遮断することで、DDoS攻撃の踏み台にされるなどの不正利用を未然に防ぎます。

  • DDoS攻撃:通信量を増大させ、通信処理を行うサーバーに高負荷をかけサービス機能を停止させること。
  • UDP53番ポート:端末がDNSサーバーに問合せを行う際に利用する経路。

オープンリゾルバとは

アクセス元を限定せず、インターネットを利用する通信端末全体からのDNSの問い合わせ(名前解決)に応答するDNSキャッシュサーバーのこと。DDoS攻撃の被害を受けることもあれば、攻撃の踏み台として利用されてしまう場合もあります。

お客様への影響

通常のインターネット接続や、メールの送受信に支障はありません。DNSサーバーをお客様ご自身で運用しインターネット上に公開されている場合、UDP53番ポートが規制されるため、IPアドレスの問い合わせに応答できなくなりますのでご注意ください。

対象のサービス

  • ASAHIネット auひかりを除く、インターネット接続サービス全て

IP53Bの解除方法

固定IPアドレスをご利用のお客様へは、個別にIP53Bの解除申請を承っております。
お手数ではございますが、以下のフォームより必要事項を入力の上、ご依頼ください。

IP53B解除申請

  • お客様が運用しているDNSサーバーやルーターが、オープンリゾルバの場合は解除できません。
    弊社にてオープンリゾルバでないことを確認させていただきます。
  • お客様が運用されているルーターなどの詳細な設定については、ASAHIネットではサポートができません。お客様ご自身にてマニュアル等をご参照ください。