IPv6接続機能 動作環境

このページについて

ASAHIネットIPv6接続機能のご利用に必要な仕様や注意点をご確認いただけます。通信機器の詳しい配線方法、操作方法については、各機器の説明書をご参照ください。

アクセス先のサービスがIPv6に対応している場合のみ、IPv6で通信いただけます。IPv4でのインターネット接続には、別途IPv4PPPoEの設定が必要です。ご注意ください。このページでは、新規格であるIPv6接続機能を、追加利用する際の注意点をご案内します。

通信端末(パソコン、スマートフォンなど)

IPv6関連の機能が適切に設定されている必要があります。正常動作時のステータスは下記ページをご参照ください。なお、ほとんどの通信端末では標準で正しく設定されているため、通常、設定の必要はありません。

ルータ

NTTひかり電話ルータか、「IPv6パススルー(IPv6 ブリッジ)」機能を有するブロードバンドルータのご利用を推奨します。ひかり電話ルータはひかり電話契約や無線LAN契約の有無によって動作環境が異なります。お客様の利用環境にあわせてご確認ください。

■NTT ひかり電話ルータをご利用のお客様 (ひかり電話利用あり)

■NTT ひかり電話ルータをご利用のお客様(ひかり電話利用なし、無線LANレンタルあり)

■NTT ひかり電話ルータをご利用のお客様(ひかり電話利用なし、無線LANレンタルなし)

■ONU / VDSL モデムとパソコンを直接接続されているお客様 (ルータ利用なし)

■市販のブロードバンドルータをご利用のお客様

IPv6接続の確認方法

IPv6接続確認ページへアクセスしてください。
「IPv6で接続しています」と表示されればIPv6接続をご利用いただけております。

IPv6接続確認ページ

IPv6接続機能が動作しているときの機器ステータス

「IPv6で接続しています」と表示されない場合