IP電話、IPテレビ電話 IP電話サービスの違いについて

IP電話サービスの違いについて

フレッツ光 ネクストコース、フレッツ 光ライトコース、Bフレッツコース、フレッツADSLコースをご利用のお客様は、NTTコミュニケーションズ株式会社のVoIP網を利用した「IP電話C」と、NTT東日本・NTT西日本の地域IP網および、株式会社エヌ・ティ・ティエムイーのVoIP網を利用した「IP電話F」のどちらかをお選びいただくことができます。
「IP電話C」と「IP電話F」のサービスのおもな違いは、通話料金が無料でご利用いただける提携プロバイダーになります。

サービス比較

通話料金比較表
IP電話C   IP電話F
無料 利用者同士 無料
3分8.4円(本体8円) 国内一般加入電話 3分8.4円(本体8円)
地域ごとに異なります。
例:米国 1分9円(免税)
IP電話C 国際通話料一覧
国際電話 地域ごとに異なります。
例:米国 1分9円(免税)
IP電話F 国際通話料一覧
1分19.95円(本体19円) 携帯電話※1 1分19.95円(本体19円)
セットアップ料金10.5円(本体10円)※2

従量料金1分10.5円(本体10円)
PHS※3 90秒21円(本体20円)
無料 提携プロバイダーの
IP電話
無料
NTTコミュニケーションズのVoIP基盤へ接続している提携プロバイダー
@nifty(@niftyフォン-C)、
BIGLOBEフォン(NC)、
OCN(OCN .Phone)、
hi-ho(hi-hoでんわ-C)、
So-net(So-netフォン)ほか
IP電話C 提携プロバイダー一覧
提携プロバイダー NTT-MEのVoIP基盤へ接続している提携ISPとNTTぷららのVoIP基盤へ接続している提携ISP
WAKWAK(WAKWAKフォン)、
ぷらら(ぷららフォンforフレッツ)、
BIGLOBE (BIGLOBEフォン(PN))、
IIJ4U(フレッツIP電話オプション)、
BB.excite(BB.exciteフォン)、
ReSET.JP(YourNet Phone)、
ドコモAOL(AOLフォン for フレッツ)ほか
IP電話F 提携プロバイダー一覧
※1 IP電話からの通話が可能な携帯電話会社は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク(モバイル)となります(衛星船舶電話などへの通話はサービス対象外です)。
※2 セットアップ料金は、1回の通話ごとにかかります。
※3 IP電話からの通話が可能なPHS事業者は、NTTドコモ、ウィルコム(旧DDIポケット)となります。

IP電話、IPテレビ電話 IP電話サービスの違いについてのトップへ

インターネット プロバイダ ASAHIネット [IP電話、IPテレビ電話 IP電話サービスの違いについて]をご覧のみなさまへ
ASAHIネットは、東証一部上場会社「朝日ネット」が運営するインターネット・サービス・プロバイダ。光(光コラボ、フレッツ光)、SIM、WiMAXなど充実ラインナップ。回線品質の高さ、通信速度、サポートの充実、低価格の4つをバランスよく実現することで快適な通信環境を提供する。第三者機関が実施したプロバイダ満足度調査において、顧客満足度第1位を受賞。
  • Pマーク
  • 東証一部上場
  • JQA UKAS
  • 安全安心マーク