ケース【1】 株式会社WOWOW様|アサワン導入事例

株式会社WOWOW様

芳賀高光氏 村上祐之氏
株式会社WOWOW
【会社概要】 株式会社WOWOW
・設立:1984年12月25日
・代表取締役社長:和崎 信哉
・事業内容:放送衛星による一般放送事業
・従業員数:256名(2007年3月31日現在)
・ホームページ:http://www.wowow.co.jp

大容量データをオンライン上で共有できたことで、コストが削減でき、番組の質も向上しました

株式会社WOWOW様は、「アサワン」を海外からの映像素材のやりとりに利用している。番組制作の過程でなぜ情報共有ツールが必要になったのか、送出技術グループの芳賀高光氏(写真左)とステーション技術グループの村上祐之氏(写真右)に、その経緯についてお伺いした。

なぜインターネット上でファイル共有などをするためのアプリケーションが番組制作に必要となったのですか?

海外で取材した映像素材を番組制作に使用するため、以前は衛星や光ファイバーを通じて日本に伝送していました。しかし、この方法では多額の通信コストがかかります。さらに、伝送の際には現地と同時に日本側のスタッフも待機しなくてはならないため夜中になることが多く、時間外の人件費も発生していました。そこで、インターネット上でデータのやりとりができるサービスを探していました。


アサワンを選んだ理由は、「大容量データのファイル共有が可能」で「サーバーが不要」だから

多数のファイル共有ソフトのなかから、アサワンを選択した最大の理由は何だったのでしょうか?

確かに安価なインターネット上のスペースはたくさんありました。しかしどれも容量がとても小さく、また逆に大容量スペースを利用できるものではサーバーのホスティング等をしなければならず、使いづらそうでした。それら両方の問題をクリアしたのがアサワンでした。 そこでトライアルIDで試用してみたところ、「これならいける」と実感し導入しました。

低価格な月額料金で、高セキュリティを実現

セキュリティの水準についてはいかがでしょうか?

重要なセキュリティ環境についても簡単に設定できました。例えば固定IPアドレスを利用して、クライアント側でアクセスの選別をすることができます。ですから、月額料金に関してはもう少し高くてもいいと思います。個人利用を念頭にした価格設定だと思いますが、今までサーバーが動かなくなって困ったということもありませんし、転送速度も十分に出ています。

機能に徹したシンプルなユーザーインターフェース

実際に使用されて、どんな印象を持たれましたか?

簡単でわかりやすい、というのが率直な感想です。やはり直感的にわかるのが何よりも良いと思います。ログイン後の画面でファイルの存在がすぐわかり、他にはアップロードとダウンロードのボタンだけがある。求められる機能に徹しているので使いやすいですね。また、各種設定もユーザー側で変更ができますし、設定画面もわかりやすいです。

アサワンの導入により番組の質が向上

アサワンを導入したことで改善された点や、今後の使用予定について教えてください。

開局以来放送している当社の最長寿番組『エキサイトマッチ*』の制作で、アサワンを使用しています。以前は、紙のフリップなどで見せていた海外の試合結果を映像や音声で伝えられるようになったので、番組的に非常に良くなったと思い ます。また、現在は同番組だけでの利用ですが、今後他の番組作りに活用できれば、徐々に利用していきたいと思っています。

*ボクシング専門番組

※上記の価格はすべて税抜です。

※お申し込みにはASAHIネットのユーザーID とパスワードが必要です。

※このほかにASAHIネットの基本サービスの料金が発生します。

※初期費用は、アサワン管理者用IDを発行した月に発生します。

※月額料金は、アサワン管理者用IDを発行した翌月よりASAHIネットのご利用料に加算いたします。

ケース【1】 株式会社WOWOW様|アサワン導入事例のトップへ

インターネット プロバイダ ASAHIネット [ケース【1】 株式会社WOWOW様|アサワン導入事例]をご覧のみなさまへ
ASAHIネットは、東証一部上場会社「朝日ネット」が運営するインターネット・サービス・プロバイダ。光(光コラボ、フレッツ光)、SIM、WiMAXなど充実ラインナップ。回線品質の高さ、通信速度、サポートの充実、低価格の4つをバランスよく実現することで快適な通信環境を提供する。第三者機関が実施したプロバイダ満足度調査において、顧客満足度第1位を受賞。
  • Pマーク
  • 東証一部上場
  • JQA UKAS
  • 安全安心マーク