新超割ADSL

タイプ1確認事項(工事実施条件)

名義人について

電話回線の名義人および名義人の住所が必要です。わからない場合は、NTTの「116」へお問い合わせください。
正しい名義人をご申告いただけないと、書類の再提出をお願いすることになり、開通までにさらに日数がかかります。

現在、ISDN回線を使用している場合

ISDN回線のままではご利用いただけません。お申し込み後、アナログ回線へ変更していただくか、タイプ2(ADSL専用回線)をご利用ください。
ISDN回線からアナログ回線へ変更される場合は、「回線適合調査」でサービス提供可能と確認された後に手続きを行っていただきます。
「回線適合調査」後にソフトバンクから回線の変更についてISDNからアナログ回線への通知書を送付いたします。
切替通知書の到着後、ソフトバンクのISDN切替センターへISDN回線からアナログ回線への切替工事希望の旨をご連絡ください。ご連絡後、ソフトバンクからNTTへ切替工事の調整をさせていただきます。
ISDN回線からアナログ回線への変更には手数料がかかります。詳しくはNTT東日本・NTT西日本へお問い合わせください。

付加サービスなどについて

NTT東日本・NTT西日本の電話付加サービスなど、下記のサービスをご利用の回線ではお申し込みいただけません。

・着信用電話
・ダイヤルインの追加番号
・信号監視通信サービス
・オフトーク通信サービス
・遠隔検針(ノーリンギング:ガス等の使用量を電話回線で調査)
・警備保障
・回線自動選択装置(ACR)


※お客様がどのサービスを利用しているかなどが不明の場合は、NTTの「116」へお問い合わせください。
※ホームセキュリティサービスやノーリンギング通信サービス(電気、ガス、水道などの検針を自動遠隔操作で行うサービス)については、お手数ですが、ご利用のサービス提供元にお問合せください。
※ADSLと併用できない場合がありますのであらかじめご了承ください。また、ADSLの専用線を引く「タイプ2」のコースもありますのでご検討ください。

既にASAHIネット会員の方
コース変更

ASAHIネット会員のID、パスワードをご用意ください。

ASAHIネットに新規ご入会の方
新規お申し込み