IoT/M2Mの通信インフラもASAHIネット!

ASAHIネットが提供するインターネット接続サービスは、IoT/M2Mの通信インフラとして多数のご利用実績があります。

トラフィック容量、回線種別(WiMAX、LTE、フレッツ光)、デバイス種別(Wi-Fiルーター、SIMカード)と様々なご用意があり、お客様のニーズに合わせてお選びいただけます。

短期納品・低コスト・セキュアを実現するASAHIネットのインターネット接続サービスをぜひご検討ください。

ASAHIネットインターネット網で実現するIoT/M2Mの利用例

上図のようなご利用実績多数!(ご利用実績はこちら)

3つの特長

IoT/M2Mにおいて多くのお客様に利用されているASAHIネットのインターネット接続サービスは、次の特長があります。

特長 1 大容量・小容量 どちらもOK!

  • 用途毎に適切なサービスを選択することでコスト節約に!
  • 月間データ通信量に制限なしの大容量トラフィックに対応。
  • 小容量トラフィックにも対応。

特長 2 広範囲をカバーLTE/WiMAX

  • 全国どこでも使えるエリアの広さが魅力のdocomoLTE対応SIMカード
  • Wi-Fiルーター端末込みで提供可能!
  • 主要都市を中心に利用可能な高速・大容量WiMAX 2+プラン。

特長 3 低コスト 固定IPアドレス

  • 固定IPアドレスの利用が可能。※グローバル固定IPアドレス
  • 月額800円、業界最安値水準で利用可能。

LTEとWiMAX 2+ サービスマップ

IoT/M2Mのご利用実績が多数あります!

ASAHIネットのインターネット接続サービスは、IoT/M2Mの通信インフラとして多数の実績があります。代表的な利用事例をご紹介します。

アイコン(バス)

事例 1運行管理

バスの位置情報をLTEを通じて顧客向けに配信

バスの位置情報をLTEを通じて顧客向けに配信(イメージ)
利用データ容量
(1回あたり)
少ない
送信頻度 多い
導入プラン 3GBプラン

モバイル回線を通じて、リアルタイムにバスの運行状況を把握し、停留所までの到着予定のお知らせなどができるようになり、利用者の利便性の向上につなげるために、モバイル回線の検討をいただく機会が増えてきております。

アイコン(電力)

事例 2発電・電力

太陽光発電における拠点監視

太陽光発電における拠点監視(イメージ)
利用データ容量
(1回あたり)
少ない
送信頻度 多い
導入プラン 3GBプラン、7GBプラン

太陽光による発電状況を本部に送信、システムの遠隔制御のために利用されております。ロケーションが遠隔地にあるため、固定回線を敷設することが難しく、固定IPが利用できるモバイル回線を検討頂く機会が増えております。同時に盗難防止の対策として、監視カメラの導入時のインターネット回線としても利用されております。

アイコン(監視)

事例 3警備・監視

警備システムのインターネット回線として利用

警備システムのセンサーの足回りとして利用(イメージ)
利用データ容量
(1回あたり)
少ない
送信頻度 多い
導入プラン 3GBプラン

警備システムの人感センサー等の小容量のデータ送信、遠隔でのシステムの操作を行うために固定IPを使った通信を使われる機会が増えてきました。ISDNの代用回線として、モバイル回線を検討いただく機会が増えております。

アイコン(POSレジ)

事例 4POSレジ

POSレジの入力情報をリアルタイムに収集

POSレジの入力情報をリアルタイムに取得(イメージ)
利用データ容量
(1回あたり)
少ない
送信頻度 多い
導入プラン 3GBプラン

店舗のPOSレジの情報を、LTE回線を使って店舗の売上データをリアルタイムに把握することが可能となります。回線工事不要なので、出店までの期間の短縮やコスト削減に貢献できます。
イベント等でのご利用シーンも増えてきております。

アイコン(デジタルサイネージ)

事例 5デジタルサイネージ

コンテンツ配信制御や機器状況監視での利用

デジタルサイネージのコンテンツ配信制御や機器状況監視での利用(イメージ)
利用データ容量
(1回あたり)
大きい
送信頻度 ロケーションによる
導入プラン 3GBプラン、7GBプラン、WiMAX 2+ギガ放題プラン

駅や空港、商業施設、マンションのエントランス等にデジタルサイネージを設置する際に固定回線の代用として、リアルタイムでのコンテンツの配信、並びに機器の死活監視のインターネット回線としてLTEを採用いただいております。固定回線の代用として採用することにより、設置の手軽さ、コスト削減に貢献できます。

アイコン(監視)

事例 6警備・監視

設置環境に対応したセキュアな防犯カメラの設置

固定回線利用のできない場所でのセキュアな防犯カメラの設置を実現(イメージ)
利用データ容量
(1回あたり)
大きい
送信頻度 多い
導入プラン 3GBプラン、7GBプラン、WiMAX 2+ギガ放題プラン

様々な場所での防犯カメラの設置機会が拡大しており、固定IPアドレスを使用できるASAHIネットLTE、ASAHIネットWiMAX2+の回線を固定回線の代用としてご利用いただくケースが非常に増えております。固定回線を利用できない屋外のロケーションなど様々な場所で導入頂いております。

動作確認済みの業務用ルーター

ASAHIネットLTE(ANSIM)で提供するSIMカードが動作することが確認できているルーターは以下の通りです。

メーカー 機器名 SIMカードサイズ
株式会社IDY iR700B microSIM
サン電子株式会社 RX110 標準SIM
サン電子株式会社 RX210 標準SIM
セイコーソリューションズ株式会社 MB-A110(Wi-Fi有り) 標準SIM
センチュリー・システムズ株式会社 FutureNet AS-250シリーズ 標準SIM
センチュリー・システムズ株式会社 FutureNet NXR-G100シリーズ 標準SIM
株式会社アイ・オー・データ機器 UD-LT1 標準SIM

0120-105-599 受付時間 10:00〜19:00 土日祝 10:00〜17:00

用語説明

■IoTとは
IoTとは「Internet of Things」の頭文字を取った単語です。日本語では一般的に「モノのインターネット」と呼ばれています。従来のようにパソコンやスマートフォンをインターネットに繋げるのみならず、世の中にある様々なモノに通信の機能を持たせることで、インターネットを経由して情報の蓄積・転送・分析などが容易にできるようになってきました。今後、さまざまな分野での活用が期待されています。
■M2Mとは
M2Mとは、Machine to Machineの略で、モノ(機械)とモノ(機械)があらゆる通信手段をもちいて繋がる仕組みやその通信携帯を意味します。これが実現することで人を介さずに情報交換を行い、自動的に制御を行うことが可能になります。ビジネスの現場では業務効率改善に役立てられています。
■ASAHIネット WiMAX 2+とは
ASAHIネットが提供しているモバイル通信サービス。特長としては高速かつ月間通信容量無制限であることが挙げられます。デバイスは、小型ルーター、据え置き型ルーター、USBスティックタイプなど豊富に用意。
■ASAHIネット LTE(ANSIM)とは
ASAHIネットが提供しているSIMを利用したインターネット接続サービスの名称。NTTドコモのLTE網を利用しており全国どこでも利用可能。用途に応じて低速&容量無制限、高速&月間容量制限付きのサービスを用意。

ご注意事項

※1 ASAHIネットLTE(ANSIM)3ギガプラン・7ギガプランは、NTTドコモのネットワークを利用し、同社のMVNO(仮想移動体通信事業者)としてASAHIネットが提供するサービスです。サービスのご注意事項は、ASAHIネットLTE(ANSIM)のサービス紹介ページをご確認ください。

※2 ASAHIネットLTE(ANSIM)128Kプランは、NTTドコモのネットワークを利用し、同社のMVNO(仮想移動体通信事業者)としてASAHIネットが提供するサービスです。サービスのご注意事項は、ASAHIネットLTE(ANSIM)のサービス紹介ページをご確認ください。

※3 ASAHIネット WiMAX2+のご注意事項詳細は、ASAHIネット WiMAX 2+のサービス紹介ページをご確認ください。